ED治療薬の王者はバイアグラ!一筋にハマる事情

バイアグラ作用原理

ED治療薬は普通に言えば男性のあそこを治す薬です。
男性の勃起不全で起こしている悪い家庭関係とか、仕事のミスとかの男性自身に気分が悪いことがいろいろあります。
ここから見れば、男性としての人生は本当に辛いですよね。

最初にセックス無能がインポテンツといわれていますけど、科学界で不適切な名前で、差別の意味を持っているから、勃起功能障害(ED)即ち勃起不全を名前にしていました。
しかも勃起力が弱かったり、陰茎持続力が悪かったりして、気持ちいい性生活を受けることができないのを勃起功能障害の定義になります。
しかし、この治療薬はつまらない夫婦生活を潤して調節したり、他人に言ってはいけない人生の悩みを解決したりする機能があります。

ED治療薬業界で代表的な薬はバイアグラです。
この夫婦生活が調整できる小さくて青い丸剤は男性の福音と言っても過言ではない。
この薬は勃起功能障害を治療する内服薬物です。バイアグラの主成分はシルデナフィルという男性のペニスに効果があるものです。ED治療薬の主成分と言ってもいいと思います。シルデナフィルのクエン酸で、環状グアノシン一リン酸の特殊型--PDE5の選択的な抑制剤です。
陰茎が勃起した後、体と一定的な角度があります。あれは勃起角度といわれています。陰茎の勃起角度は90度あるいは90度以上だったら、正常です。90度以下は勃起不全といいます。
陰茎を勃起する時の生理機能は性的な刺激中の陰茎海綿体内のNOを解放することと関係を持っています。
一酸化窒素がグアニル酸シクラーゼを活性化させて、環状グアノシン一リン酸のレベルをさらに高くさせます。
ペニスの海綿体の平滑筋を緩やかになって、血流を増やせます。シルデナフィルは直接人体の海綿体に弛緩する作用がないですが、海綿体内のcGMPの分解によるPDE5を放出することを通して、一酸化窒素の機能を増加します。
性的な刺激を受けたら、部分のNOを放出する時に、シルデナフィルがPDE5を抑制して海綿体内のcGMPのレベルを増やして、平滑筋を緩やかにして、血流を海綿体に流させます。そうすると、陰茎を勃起させます。これはバイアグラの作用原理です。
またバイアグラのジェネリックには早漏防止の効果のある治療薬も多数あります。バイアグラの成分と早漏を改善するダポキセチン成分を配合した治療薬で勃起力の維持だけでなく射精までの時間を延ばしより快適なナイトライフを送れるものもあり、コンプレックスを抱える男性にとってとても人気のある治療薬です。